初心者が心からカラオケ上手になりたいと思った時のお話!

レスタングル広告

カラオケ人口約5000万人のなかに、あなたは入っていますか?カラオケ大会や発表会に参加する方たちの人口ですから国民全体を考えても、すごい数ですよね。そんな中でも、楽しく歌っている人、お付き合いで歌っている人、歌は好きだけど、どうも、イマイチうまくないかもしれないと思っている人・・・今回はこの「カラオケは初心者だけど、とりあえず、恥ずかしくないくらいには歌ってみたい人に、お伝えしたい「15分の秘密」です。

2019年、カラオケ大会入賞者がやる選曲の仕方とコツを掴んで優勝か?

好きな歌と上手な歌は違います

洋服の色選びで、好きな色がかならずしも似合う色とは限りません。他人が選んでくれた色の方が、「あら、素敵!」って言われたことはありませんか?

歌も一緒で、あなたの「好きな歌」があなたにピッタリ合うとは限りません。私も、実際、好きな歌より、好きでもない曲の方がいいと言われることがあるんですよ!ww

ひとりでカラオケに出かけて、ひとりで楽しもうというなら、何を歌ってもいいのですが、聴き手がいる場合は、少し、上手に歌ってみましょう!
・・・と、言うわけで、15分の秘密」を教えますので、さっそく実行してくださいね。

歌いやすい曲を選曲する

いろんな曲を知っていると思いますが、あまり高い低いのある、曲を選ばないようにします。
リズムも四分の四調子、1と2と3と4と・・・ときっちりわかるリズムのものを選びます。リズムが優しくて、詞も素敵で、いい歌なら、覚えたくなるし、歌いたくなるし、上手に聴こえるし、楽しいです。

「四季の歌」とか「遠くへ行きたい」とか「なごり雪」など、オススメです。

聴くだけ聴くだけ!(毎日10分)

よ~く、「聴くだけ、聴くだけ」を実行しましょう。私の経験から言いますと、100回は必要ですね。(初めて出会った曲の場合)歌わない!聴くだけです。最初から一緒に歌うと、独りよがりの、間違った「音」で歌ってしまう可能性があります。

声を出して歌ってみるのは、ずっとあと。我慢して「聴くだけ」をします。

今のカラオケは「キーコントロール」があって、自分に合った「キー」に変えることができますが、まずは「キー」を変えないで、歌える曲を選ぶのがいいです。

歌う姿勢を変えるだけで、上手くなる(毎日5分)

ほとんどの人は、少し猫背です。そして、「喉」で歌っています。最悪ですね。まずは自分の姿勢をきちんとすることと、「喉」で歌わない「腹式呼吸」を覚えるとグンと上手になりますよ。一人でレッスンしている人には難しいかもしれませんが、ぜひ、修得しましょう。

歌の基本は「腹式呼吸」につきます。腹式呼吸をができると、バツグンに上達します。毎日たった5分位のことですから、「上達したいなら、だまって秘密のトレーニング」しましょう。

今回のまとめ

まず、①高い低いの箇所が少ない曲選び。 ②よく聴くこと。 ③歌う時の姿勢。です。なんだ、そんなことか~なんていわないで、この3つを実行すると、かならず、歌がワンランクアップすること間違いないです。頑張ってみてくださいね!

カラオケ上達法~腹式呼吸の相乗効果~
カラオケ上達法5つのポイントで完全制覇

ブログを見て下さり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です