カラオケ上達3つのポイントレッスン

レスタングル広告

今回は「3つの簡単ポイントレッスン」のお話です。難しくかんがえずに、肩の力を抜いてやってみましょう。意識することでプロのような声を習得できますよ!

「体を楽器にする」

声は「口から」ではなく、「体全体」で出すもの。まずは「体は楽器」だと考え、そのメンテナンスをしっかりするのが、歌を上手く歌うためのポイントですね。

特に重要なのは、呼吸するために必要な臓器「肺」と、それを守っている「肩甲骨」。肩甲骨と肺が密着してしまっていると、深い呼吸ができなくなるため、なかなか声量が上がらない。歌う前に、以下のストレッチをしてみよう。

まず、左手の指先を左肩に軽く載せる。次に、そのまま肘で円を描くように左肩を回す(右も同様に)。これで肺に空気がたっぷり入るようになり、しっかりとした声が出せるようになります。注意点は肩に力を入れないでね。

ゆっくり声量アップ!

口はスピーカーと同じ役割を果たすため、「大きく開いて容積をグンと広げる」ことで、声の響きをよくすることができます。

いい声を出すためには、まずは息をたくさん吸い、口を大きく開け、喉を開くことが第一。表情でいうと、驚いてハッとしたときや、あくびをしたときがベストな状態です、やってみてください。

そこで、「驚く様子をゆっくり再現する」つもりで、両手を顔の横に持ち上げながら、口を大きく開いて思い切り息を吸い込んでみよう。吸いきったら、呼吸を止めずに「はあ~」と息混じりの声を出しながら、空気をすべて吐く。これだけで、喉はひらき、高い音もらくらく歌える声に変ってきます。

簡単腹式呼吸で楽に声を出す!

ゆっくり、「ビックリ」したり、「あくび」をして喉を開く感覚を身につけたら、次に覚えたいのはプロのシンガーが必ず通る道、「腹式呼吸」の習得。と言っても、難しく考える必要はありません。が、かならずならなければいけません。

まずは足を肩幅に開き、リラックスした姿勢で立つ。そして右手でこぶしを作り、肋骨の中間にある“みぞおち”の位置に置く。その上に開いた左手を添えて、軽く押すように負荷をかける。これをお腹の力で「ポコッ」と押し出しながら、同時に口を大きく開けて「は」や「はー」と発声する。これを5回繰り返すトレーニングをするだけで、プロのような強い声が出るようになります。

“本番”でしっかり声が出る!「丹田呼吸法」の流れ心地よく響く歌声を出すことができるようになっても、大勢の人や、初対面の人の前で歌うのは緊張するもの。そんなときのために覚えておきたいのが、古武術や武道でも使われている、ブレない精神を得るための「丹田呼法」。

メンタルは歌声に大きく影響するので、マスターしておきたい。カラオケに限らず、本番に強い体質が手に入ります。「丹田呼吸」は現在では「腹式呼吸」ともいわれ、どちらでも使い分けてくれていいですよ。

今回のまとめ

今回は、とても簡単なポイントレッスンでした。一番大切なのは「体を楽器」だと感じることです。頭の先から、足の指さきまで、意識して、歌ってみることをお勧めします。けっして、口先だけで、歌わないように、研究してみてくださいね。物凄く「いい歌が歌えるようになります」からね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です