熟年カラオケファン上達法には3つの実践法で大丈夫!

レスタングル広告

年をとると「声がでなくなってきた」と感じることはありませんか?さて、年をとっても、元気に声が出せて、楽しくカラオケを楽しむにはどうしたらいいでしょう。それには3つのヒントがあります。

熟年のかたの声出し3つのヒントとは?

  1.  健康であることが第一。健康でないと「良い声」はでませんよね。若い時でも、具       合 が悪ければ、声はでませんでしたけど、体の調子を整えておくことが一番です。
  2.  腹式呼吸の練習をかならずやりましょう。お腹の力を強くするからと言って「腹筋」  で鍛える必要はありません。ただ、お腹に力が入らないと、大きい声が出ないです。
  3.  腹式呼吸ができたら、今度は「息を吐く」練習をしましょう。
    吹き矢やペットボトルを使ってみるのも効果があります。     以上

詳しくは「腹式呼吸」を参照してください。

熟年の方声出し3つのポイントの注意点

腹式呼吸だからといって、お腹にだけ力んで、力を入れるのは止めましょうね。一度、肩の力を抜いて、リラックスしてから、「ホーッ♪」。喉をあけて、練習しましょう。

朝起きたときに3~5分、続けてみてくださいね。毎日、続けないと成果はでませんのでご注意!ください。夜寝る前にもやっていただくと、より効果バツグンです。

貧血気味の方は、あまり無理せず、2~3分にしておきますか!

川に行くことがあれば、岸の向こう側に向かって、また、庭先で空に向かって、明るい声で、喉を柔らかくして、大声を出してみましょう。このとき、とても大事なことは、「この声で歌いたい!」「こんなに声がでるんだ!」を思うこと、声がでた自分を褒めてあげることが大切です。

大事なことですが、「上手く歌をう」とか、「自分は年を取ってるから」とか、思わないことです。「今が青春!」だとイメージしてみましょう。

今回のまとめ

多くの人は、日常で話をする機会が、少しづつ減っていきますよね。声を出す場所を見つけて、「会話」や「カラオケ」を楽しんでください。声は毎日使わないと、お休みしてしまいます。良い声を出すには年齢はかんけいありませんから、たくさん、「声を使う」ことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です