コンビニおにぎりと手作りおにぎりの危険度を専門家に聞いてみた!

レスタングル広告

コンビニおにぎり&手作りおにぎり

結果から言いますと、「雑菌だらけの手で握るおにぎりなら、コンビニのおにぎりは衛生的である」ということです。

いくら忙しい主婦でも、まさか雑菌だらけの手で、おにぎりを握ろうとは思っていないと思いますし、私も、実際おにぎりを作ってきた身ですから、専門家のかたに言われると、なんとなく、ギャフンとしますが・・・わかるような気もします。

毎日、朝昼晩と忙しくお惣菜作りと切り離せない主婦にとって、手は綺麗にしているつもりなんですが、「主婦の手は汚れている」という、ことも言われています。失礼な話ですが、テレビの「手の汚れランキング」で「主婦の手」が一番だったことが衝撃でしたね。

お肉を切った包丁で、野菜を切ったり、他の食べ物を素手で触った後、そのまま、次の支度に入ります。もちろん、手作りが悪い!とは絶対言いませんが、衛生面を考えると、コンビニおにぎりは、私のような主婦が作るおにぎりより衛生的かもしれませんね。たまには、手抜きで「コンビニおにぎり」いいんじゃないかしら!

コンビニおにぎりの保存料が心配

保存料は入っているそうです。衛生面では厳重なチェックがなされ、ほぼ無菌状態の中で作られるそうです。そんな中で作られている「おにぎり」は食中毒が発生したという話がないと言ことです。使用されている食品添加物の量も、ごくわずかで、健康被害を及ぼすことはないそうです。

私達は、「自然=安全」「添加物=ガンになる」とかいう、根拠のない「ウワサ」を信じがちですが、今は、自然=安全でもないし、添加物=ガンになるわけでもないことを、いろんな情報から知る必要があると思います。

「添加物」があるからこそ=安全にたべられる」と思いますよ。ただ、一日3食を「コンビニ弁当」に頼らなければいけない人は、「添加物」の心配ではなく、「栄養のバランス」を考える必要があると思います。

毎回「おにぎり」ではなく、お昼は具だくさんのお弁当にするとか、夜は、サラダとスープにするとか・・・絶対に「栄養のバランス」に尽きます。また、主婦の方も、忙しかったり、疲れたときは、「コンビニおにぎり」「コンビニ弁当」で代用して、大切な時間を増やしてもいいかと思います。

今回のまとめ

「コンビニおにぎり」について、調べてみたのは、こんな方がいたからです。あるカラオケ大会で「おにぎり」弁当のとき、「私、誰が作ったかわからないおにぎりは食べられないの!」という話。私は「じゃ、御弁当なら食べられるの?」って聞いたら「うん。」

これって、どうなのかしら?と思い、調べることにしたんです。おにぎりもお弁当も、各企業では、ほんとに、厳重に衛生面を徹底しているし、まして、食中毒なんてだしたら、最悪な訳で(もし、そんな経験のある方はごめんなさい!)、だから、あまり神経質にならない方が良し、としませんか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です