キムチ効果で美肌と健康になるただ1つの方法がわかりました!

レスタングル広告

「キムチ」は好きですか?私は大好きです。いろんな「キムチ」を食べてみましたが、手作りにしても、売っているキムチにしても、味が全く違いますね。でも、美味しい!今回はただ1つだけ、「キムチ」の効果って凄いことについてだけお伝えしたいと思います。

「キムチ」ってなに?                

「キムチ」は、白菜などの野菜と、塩・唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどを主に使用した漬物で、かつては朝鮮漬けとも呼ばれていました。 単独で、あるいはつけ合せ(特に焼肉店)として食べられるほか、豚肉と一緒に炒めた「豚キムチ」などの材料や、チゲの具(キムチチゲ)としても用いられますよね。

「キムチ」は白菜を1日ほど塩に漬けて、水で洗って塩抜きし、葉に薬念をまぶして壺に本漬けします。唐辛子、ニンニク、ニラ、セウジョッ(シュリンプペーストの一種。日本ではアミエビの名が一般的)、イカ、イシモチ、イワシなどのチョッカル(塩辛)、魚醤の他、牛肉や煮干し、昆布などの出汁を合わせたものが用いられるのは一般的です。リンゴ、梨、栗、ナツメなど果物を加えて味をまろやかにしたり、生のカキやイカを加えコクやうまみを補ったりすることもあるそうです。

本漬けで4、5日ほど発酵させると完成します。屋外に置くことが多いため、雨露が入らないような蓋がついています。

同じ韓国のキムチでも、北部では、薄味で唐辛子をあまりいれない、辛さひかえめのものが多いんです。また、南部では、唐辛子や塩を多く使ってつくるキムチが多い傾向にあるそうです。200件の家があるとすると、200の味があるといいます。まさに、なくてはならない家庭の味なんでしょう。

日本では白菜を塩漬けにして、その間に、魚介類の塩辛・大根・ニンニク・唐辛子などをはさみこみ、漬物にしたものが多いのですが、本場韓国では、数百種類のキムチがあります。

キムチは、乳酸菌や、多種のビタミンや栄養成分が、豊富にふくまれている「薬効の宝庫」の漬物です。あなたが、腸内をきれいにすることで健康に、そして、綺麗に(美肌)なりたかったら、ぜひ、毎日「キムチ」を食べていただきたいと思います。

「キムチ」が美肌と健康に良いわけは         

なんといっても、素晴らしい「成分」にあることは間違いないでしょう。調べてみましたのでご覧くださいね。

代表的な栄養成分は

  • カプサイシン
    カロチン
    アリシン
    スコルジニン
    アラニン
    ビタミンA
    ビタミンB1
    ビタミンB2
    ビタミンC
    カリウム
    カルシウム
    食物繊維

それぞれの成分はそれぞれに素晴らしい役目を持っています。

  • カプサイシン
    キムチには、主な原料として、唐辛子を使います。この唐辛子にはカプサイシンが含まれています。カプサイシンは、脂肪を燃焼させるアドレナリンの分泌を、脳に働きかけうながします。ということは、キムチを食べると、体脂肪が燃焼されやすくなります。体脂肪が燃焼されやすくなることの副産物として、ダイエット効果が期待できます。
  • 乳酸菌
    キムチは漬ものですから、日本のぬか漬けといっしょで、乳酸菌の働きによる、発酵食品なんです。この乳酸菌ですが、たとえば、日本のぬか漬で、1グラムに約3,500万ほどの乳酸菌がふくまれているといわれています。キムチは、多くの種類がありますが、乳酸菌が多い種類のキムチでは、1グラムになんと!約8億の乳酸菌がふくまれているんです。ちなみに、乳酸菌がふくまれている代表的な食品としては、ヨーグルトがありますが。しかし、このキムチの1グラムに8億という乳酸菌の量は、ヨーグルトにも負けない量なんですよ!おまけに、キムチにふくまれる乳酸菌ラクトバチスルは、胃酸にも強く、腸までとどく乳酸菌です。この乳酸菌は、腸にいる善玉菌を増やして、悪玉菌を減らしてくれます。そして、善玉菌が増えることによる整腸作用で、便秘を改善してくれるのに役立ってくれます。この便秘改善の副産物として、ダイエットや美肌の効果が期待できます。
  • 食物繊維
    キムチにふくまれる、食物繊維も乳酸菌とともに、整腸作用に役に立ってくれます。
    整腸作用のある、食物繊維と乳酸菌緒の相乗効果で、さらに便秘改善が期待できます。
  • ビタミンB
    キムチには、ビタミンB類が豊富にふくまれています。ビタミンB類は新陳代謝をう  ながす作用があります。新陳代謝がよくなると、体内の老廃物が体の外に出ていきま  す。血液の循環がよくなり、美肌効果が期待できます。
  • 薬念(ヤンニョム)
    キムチはもちろんキムチ本体を食べるんですが、キムチの効果効能を考えるなら、  忘れてはならないものがあります。それが、薬念(ヤンニョム)です。薬念(ヤン  ニョム)というは、韓国においては、薬味・調味料・香辛料の総称のことです。

それから、それから、驚く効能は次の通りです。

疲労回復効果

ニンニク「アリシン」:ビタミンB1の吸収を高めるニンニク「ビタミンB1」:糖をエネルギーにするときに使われるニンニク「アリチアミン」:「アリシン」と「ビタミンB1」が合体した成分で、ビタミンB1と同じような働きをする
塩辛「タウリン」:アミノ酸の一種で、身体を正常な状態にする「ホメオスタシス」の働きを高める
唐辛子「カプサイシン」:血行がよくなり発汗すると疲労回復効果が高まる、安眠効果
白菜&塩辛「ナイアシン」:糖や脂質からエネルギーをつくる

便秘解消効果

「ラクトバチルス乳酸菌」:乳酸菌の一種。胃酸に強いので、生きたまま腸内に到達し善玉菌を増やす
白菜「食物繊維」:便秘解消効果が期待

美肌効果

白菜「食物繊維」:便秘解消効果で、体内の毒素が溜まることがなくなり肌荒れしにくくなる。
唐辛子「βカロテン」:老化の原因になる活性酸素をなくす、消化されるとビタミンAとして働きます。
白菜「ジヂオールヂオニン」:活性酸素をなくす酵素のもとになります。
「ビタミンA」:皮膚と粘膜を健康にします。
白菜「ビタミンC」:コラーゲンを生成する、シミの原因になる「メラニン色素」をつくる「チロシナーゼ」の働きを阻害する、活性酸素の過剰な分泌を押さえます。
白菜「ビタミンB2」:ニキビや吹き出物の予防します。
白菜「ビタミンB6」:皮膚の新陳代謝を活性化させて荒れた肌を改善する働きをします。

ダイエット効果

唐辛子「カプサイシン」:脳の神経を刺激し、褐色脂肪細胞の働きをよくするので代謝があがるり、脂肪を燃料させる「リパーゼ(酵素)」を活性化します。

美肌と健康になるただ1つの方法           

それは・・・
毎日食べること!につきます。こんなに、健康に美肌に効果的な、そして、効能は生きてゆくうえで必要なものが、限りなく存在する「キムチ」を食べない方がおかしいですよね。「辛いものが苦手」な人でも、味は200種、300種(笑)とあるわけですから、きっと美味しい「キムチ」に出会えます。

提案は1つ!ご存知かもしれませんが、いろいろ試してみることですね。「キムチ&納豆」「キムチ鍋」「キムチ・チジミ」「豚キムチ」等々、チャレンジしてみましょう!

キムチオムレツ&キムチ丼

キムチチャーハン&さつまあげ炒め
どれもこれも美味しそうですよね!

今回のまとめ

「キムチは奇跡の食べ物」です。こんなに栄養豊富な食べ物を韓国の方は発見してくださったと感謝したい気持ちでいっぱいですね。私も毎日食べています。あなたも毎日食べて「美肌と健康」を頂きましょう!   美味しいからと・・・食べ過ぎないように・・・(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です