【高野豆腐】毎日食べなさい!糖尿病改善スーパーフードの秘密とは?

レスタングル広告

糖尿病の方は「毎日」たべてください。私は「糖尿病を改善したたった一つの方法」
「菊芋」をお伝えしてきましたが、昨日、テレビで、「高野豆腐」も血糖値を下げる
と聞いて、さっそく調べてみました。

研究成果でわかった糖尿病に改善効果

「菊芋」を毎日食べて、糖尿病を改善した私にとって、高野豆腐の話はとても、興味
深くありました。なぜかって「菊芋」を毎日とることが大変な方に、朗報かと思った
からです。

毎日1枚食べることで、糖尿病患者にとって、気になる[hb1c数値が、どんどん下がる」
からです。たとえば0.1だって下げることは、容易じゃないんですよ!(経験者は語る)

ですから、普通に食べていた「高野豆腐」に、物凄く関心を持ちました。毎日1枚食べ
と、4週間で「6.3から6.0」ですよ、驚きの成果です。

これまで、高野豆腐の健康機能について、コレステロール低下食後中性脂質低下などが
効果についていろいろ多くの研究例がありました。

そして、今、「レスポンシブ蛋白質」の作用が考えられるとして「糖尿病にも改善効果」
あることが示されたのです。嬉しいですね。「菊芋」が苦手な方も、ぜひ、高野豆腐で
挑戦できますね。

高野豆腐の食べ方

毎日1枚というと、市販されている高野豆腐
大きいままの1枚です。
これを毎日食べるだけで、糖尿病が改善でき
なら、おやすい御用じゃないですか?

これはナスとの含め煮です。
「毎日1つ」

少し薄切りにして、野菜との煮びたしです。
小松菜や人参。
最後にいりごまをかけてもいいですね。

干しシイタケを使っても、美味しく頂けそう
ですね。

たまにはパン食のとき、粉末の高野豆腐を使う
のもアイデアです。

クッキーやカレーライスに、いろいろなお料理に
使ってみましょう!

え、粉末?ってww

左記は高野豆腐を水で戻す前のものを、おろし金で
擦っているところです。

ミキサーがあれば、簡単ですが、無い方はこんな感
じで、全く問題ありません。

高野豆腐の成分が半端ない!

 カルシウムは「豆腐の5倍」(100g当たり660mg)

鉄分は「豆腐の7倍」(100g当たり6.8mg)

高野豆腐の重量の50%はタンパク質。(1枚食べれば蛋白質8g

牛乳なら280cc、玉子なら1と3分の1、牛肉なら40g食べるのと同じ。

糖尿病にだけじゃない効能を知ってますか?

高野豆腐に含まれる大豆イソフラボンは「抗酸化物質」です。女性ホルモンと似た働きをします。更年期障害の症状を和らげたり、生理不順の穏和に効果があるそうです。

体内のエストロゲンが過剰なときも、不足している時も両方に作用するそうですよ。エストロゲンを正常に保つには欠かせない栄養成分なんです。

嬉しいことに、美肌維持に重要な「ハリや弾力、保湿」を保つ、重要な働きをするコラーゲンの量は35歳をピークに減少すると言われています。

このコラーゲン代謝を高めるのに重要なのが「エストロゲン」なんですって!!大豆のイソフラボンはこのエストロゲン低下で起こる不調を予防し、軽減に力を発揮します。つまり、高野豆腐は,凄いスーパーフードなんです!!

他にも骨粗しょう症・貧血・冷え性に効果ありとされています。

今回のまとめ

「畑の肉」と言われている「大豆」。この大豆の成分を抽出・濃縮してできた高野豆腐は血中の悪玉コレステロールを値を減少させる効果が報告されています。食後の中性脂肪の上昇を抑える効果もみられ、糖尿病やほかの健康維持に役立つと期待されています。

お料理にいろいろ工夫をしながら、「毎日食べる」ことをしましょう!

大きさや厚みやいろいろな形の高野豆腐が売られていますので、楽しみながら挑戦してみてください。毎日のお味噌汁に使うのもおすすめです。その時は、とても小さい高野豆腐を使いますよ。

そうそう、「粉末」もおすすめです。パンに塗ったり、ケーキにしたりします。

ブログを見て下さり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です