「赤いきつねうどん」が「赤いたぬき天うどん」に?うそ!?

レスタングル広告

私の大好きな「赤いきつねうどん」! なんだって、大きな油揚げが2枚なのは、最高に嬉しんです!

が・・・

「赤いたぬき天うどん」になるの?

「赤いたぬき天うどん」 数量限定で販売 「公約」通り商品化 「初」

毎日新聞より:

「マルちゃん」ブランドの即席めんで知られる東洋水産(東京都港区)は7日、主力商品の「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」で初めて両者を入れ替えたカップめん「赤いたぬき天うどん」(税抜き180円)を13日から全国のコンビニエンスストアなどで数量限定で販売すると発表した。

1978年の「赤いきつねうどん」の販売開始以来、「紺のきつねそば」など新しい「色」を使った新商品はいくつかあったが、「赤」は油揚げが乗った「きつねうどん」、80年販売開始の「緑」は天ぷらが乗った「たぬき天そば」との方針は一貫しており、今回、初めて入れ替えた。

商品が誕生したきっかけは、昨年10月~今年1月にかけて全国の小売店などで実施した「赤」と「緑」の食べ比べイベントでのアンケート結果。両商品の「陣営」は、それぞれ「マニフェスト」として「相手の得票数を上回ったら実現する公約」を掲げたが、その中で赤いきつね陣営は、これまで緑のたぬきの「専売特許」だった天ぷらをうどんに乗せて「赤いたぬき」として発売すると約束していた。アンケートで、赤いきつねは2万9066票を獲得し、2万4797票だった緑のたぬきを上回り、商品化に至った。

東洋水産のPR担当者は、今後「緑のきつねそば」が販売される可能性について「今のところありません」と話した。【大村健一/統合デジタル取材センター】

日清食品も味噌味トライ

日清食品が新商品「カップヌードル 味噌(みそ)」の販売を4月1日から全国で始める。カップヌードルのみそ味(通常サイズ)は過去2回発売されたが、いずれも短命だった。2代目は2009年に生産を終了しており、登場は約10年ぶり。ラーメンでは人気の味のはずだが、なぜこれほど長く世に出なかったのだろう。今回は「レギュラー」「シーフード」「カレー」などに続く定番化を目指すという。その勝算は? 担当者に聞いた。【増田博樹/統合デジタル取材センター】

「赤いきつねうどん」はもともと人気商品です。
「日清ヌードル」は草分け的存在の人気商品です。

「赤いたぬき天うどん」も「日清ヌードル味噌味」も早速食べてみましょう!

ちょっとだけ、ニュースでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です