【糖尿病は菊芋で治る】元気になった私のたった1つ方法を教えます!

レスタングル広告

40歳以上の4人に1人と、急増している糖尿病。 私は現在66才。昨年、糖尿病と診断されました。そのとき、かかりつけの先生が一言おっしゃったのは、「大丈夫だよね、ご主人の糖尿病を直したんだから」。主人は77才ですが、主人が糖尿病とわかってから、食事治療や運動や、いろいろやりながらも、たどり着いた、たった1つの方法で改善したものですから、先生はそう、おっしゃったと思います。

私が「糖尿病」との診断を受け、まさか、私が!と思ったのも、本当ですが、ある意味、糖尿病は治せる!と瞬間的に思ったのも、実は本当なんです。

主人の糖尿病を改善した、「たった一つの方法」をやればいいだけですもの!

私が糖尿病になったのは、きっと、仕事柄、不規則な生活が続き、慢性の睡眠不足も約9年ほど続き「糖尿病」になったわけですが、治療法として行ったのは、「たった一つの方法」です。それは、「菊芋を毎日たべる」です。そこで、今回は「糖尿病を改善した「たった1つの方法」について伝授しますので、参考にしてくださり、より早く効果がでますよう、願っています。

糖尿病改善「たった1つの方法」は「菊芋イヌリン」  

私は、合併症で眼底出血を起こし、白内障もあり、治療中もほとんど目が見えなくなった時期が1年4か月ほどあります。血圧も下が35、上が58と、「もう死んでるう~」なんて、驚いたことがあり、真剣に治さなきゃ・・・って思いました。「菊芋」には、ほんとに感謝しています。

毎日、毎回「菊芋」をポン酢で食べました主人がそうであったように、「菊芋」は糖尿には最高の治療食と信じて・・・。主人は自分の時に作っていた菊芋を掘り起こし、丁寧に洗ってくれて、せっせと食べました。

お医者さんが「菊芋」を紹介しないのは、糖尿が改善されちゃって、患者さんが減っちゃうからじゃない?って笑って言えるほど、効果効能バツグンです。また、糖尿や、ダイエットや、お肌のシミが気になる方も、ぜひ、お試しください。

テレビでは菊芋のことを「天然のインスリン」と言っていたのを聴いて、「フムフム」と思わず、笑顔になりました。

菊芋は副作用のない自然食品。世界中で利用されています。整腸作用の他、コレステロールの低下。お通じもすっきり、ダイエットのもなるし、フクラオリゴ糖は腸内でビフィジス菌などの善玉菌のえさになるから、糖尿病予防になるんですって!

腸内の酪酸菌の餌になるので、便通も改善されました。本当にスッキリです。

主人は犬(秋田犬)の散歩もあるので、よく歩きますから、私より、てきめんに早く「菊芋」効果がでました。主治医の先生も驚くほどでした!「学会に報告したいくらいだ!」と。実は私は、怠け者ですから、ほとんど散歩もする人ではなかったんです。

でも、糖尿の数値が安定しないと、眼底出血や糖尿病から来る合併症の「白内障」の手術はできない!と言われ、「菊芋は毎日、毎回食べながら、少しだけ歩くことにしました。(笑)

酢づけ、浅づけ、サラダ、天ぷら、粉にしてクッキー・・・いろいろなバリエーションを楽しんでいます。菊芋君、頑張ってくれています!!

プランター(そこの深いもの)があれば、自宅で作れますよ。下の方に、我が家の菊芋の写真を載せておきますね。(最後の方でごめんなさい!)

糖尿病を改善した菊芋の豊富な栄養素     

菊芋の成分は、主に「イヌリン」。イヌリンは「天然のインスリン」と言われる水溶性の食物繊維です。糖質の吸収を抑える働きを持っています。

本当です!菊芋を食べて血糖値がさがった!体重が減った!、という方の多いことでもわかるように、私もそうであるように、「本当です!」

理由がしっかりありますから、お話ししますが、あまりに凄いので驚かないでくださいね。
糖尿病が改善されない方、いろいろやっても、なかなか効果が上がらない方は、ぜひ、菊芋を食べてください!いえ、「菊芋を食べなさい!」です。ww

血糖値を下げたい方、脂肪値を下げたい方、体重を下げたい方、食前に、かならず毎日「菊芋」を食べてください。間違いなく、効果が出てきます。

「菊芋」は「芋」ってついてるから、ジャガイモやさつまいもと同じかと言えば、それが違うんですよ。ジャガイモやさつまいもって、デンプンが含まれていますよね、「菊芋」は普通、イモ類に入っている、デンプンは入っていないんです。

その代わり、「イヌリン」が多く含まれていて、このイヌリン」は多糖類(難消化性)。これは人間の消化酵素では吸収できないもので、なんと、また、このイヌリンを分解する「イヌラーゼ」という酵素も含まれているんですって!!

さて、「菊芋が糖尿病に効果がある」理由ですが・・・

① イヌラーゼ(酵素)が「イヌリン」を分解して、腸内で「オリゴ糖」になります。
      ↓
② この「オリゴ糖」が、善玉菌の餌になるんです。
      ↓
③ すると、善玉菌が増えて、悪玉菌をやっつけてしまいます。
      ↓
④ 腸内がキレイになり、肌もキレイになり、
      ↓
⑤ 体の中の細胞がイキイキしてきて、余分なものをスムーズに排出する!!

その結果・・・
腸内がキレイになることはもちろん、血糖値、血圧の上昇を抑える糖尿病やメタボに効果的がる、に繋がるわけです!!また、腸内で、善腸内環境を整えるにも、役立つわけです。

でも、菊芋の食べ過ぎに注意             

基本的に悪い病気を誘発するような副作用は無いのですが、摂取し過ぎると体調を崩す可能性があります。というのは、菊芋茶に含まれるイヌリンは、普段はそんなに大量摂取する成分ではありませんから、早く、治そうと思って急激に取り過ぎると身体がびっくりしてしまい、胃の調子が悪くなると思います。

また、菊芋茶は食物繊維が豊富であり、一度に大量の食物繊維を摂取することで、お腹が張ってしまうことが可能性としてありますからね~。

参考:知らなきゃ損!菊芋に頼もしい3つの味方とは?

菊芋にはこんな効果も!               

  • 菊芋は健康だけでなく美容にも良いと注目されています。菊芋の成分「セレン」は必須ミネラルの一つで、抗酸化作用に重要な働きをします。シミ、くすみ、老化防止の効果があるそうなので、気になる方におすすめです。
  • 菊芋は低カロリーの糖質を含むため、脂肪をため込みにくい体質を作り、リバウンドしないダイエットには最適です。食べることで満腹感を得やすい効果もあります。
  • 菊芋の主成分「イヌリン」は水溶性の食物繊維です。食物繊維は腸内で善玉菌を増やす効果があり、便秘解消にもつながります。ビフィズス菌の活性化を促す効果もあるため、ヨーグルトと一緒に摂取するとより効果が期待できます。

あなたは糖尿病の原因を知っていますか?                    

情報過多の時代ですから、ご存知かと思います。糖尿病の原因はインスリンが足りないんですね。アジア人は欧米人よりもインスリンの分泌量が少ない人が多いので、もともと糖尿病になりやすいそうです。 ストレスや加齢、遺伝の影響もあると考えられています。

内臓脂肪からインスリンを効きづらくする物質が分泌されます。内臓脂肪が多いとインスリンが働かなくなります。だから、よく、言われるのが、内臓脂肪を減らしましょう、歩きましょう、運動しましょう・・・ということになります。

簡単にいうと、「インスリンの分泌量がすくないと糖尿病は治らない!」ってことです。

難しいことは、たくさんあると思いましが、この「インスリン」のことだけを、まず考えるといいかと思いました。そこで、私がやった「たった1つの方法は」は何を隠そう「菊芋」だったんですね。ほんとに、ほんとに、素晴らしい効果をあげてくれました。

「菊芋」ってなに?                                                  

「菊芋」は生鮮食材としてはまだまだメジャーではなく、生鮮品として店頭に並ぶ量は非常に少なく、そのほとんどが健康食品や健康飲料向けに乾燥させたものやそれを粉末にしたものを作る目的で全国各地で栽培されています。正直それほど馴染みがある野菜とはいえないと思います。「芋」ですが、ジャガイモやさつまいもの仲間じゃなく、「ゴボウ」の仲間です。ww

ただ、この頃はテレビなどでも、学者さんたちの「菊芋効果」が話題なって、大手スーパーなどでも、販売しているところが増えてきているみたいです。

菊芋は時期ものですから、一年中はないので、楽天やアマゾンなどの通販で手に入りましから、ご利用されるといいかと思います。我が家も、菊芋が終わる時期になると、まとめて、保存しながら頂いています。でも、主人は菊芋を洗う時に、少しづつ、残しては埋め、残しては埋めしながら、栽培しています。(栽培の様子は下の方に書いてあります)

しかし今、イヌリンが多く含まれていることが明らかとなり、菊芋はとても注目されている野菜なのです。

菊芋とはゴボウの仲間で、 地域によっては郷土料理として親しまれています。

菊芋は、イヌリンをはじめとして、ビタミン・ ミネラル・葉酸・ポリフェノールなど、とても多くの栄養素を含んでいます。特に菊芋の成分の60%程度は、イヌリンであると知られたことから注目されるようになりました。

近年では、菊芋に含まれているイヌリンを主成分としたサプリメントも多く販売されており、これからもさらに注目される野菜だといえます。

引用:http://www.aadocumentalistas.org/inulin/kouka.html

糖尿病に効果の「菊芋」って作れるの?                                                    

「菊芋」には素晴らしい成分がいっぱいです。そこで、自宅の狭い庭でつくったのが最初でした。今は、糖尿が気になる方に、作っては、あげています。

菊芋は、糖尿病予防・改善に効果あり!ってホントですよ!
レシピは後半で、ネ!

菊芋は9月から10月にかけて黄色い菊に似た花を咲かせ、その後秋には地上部が枯れ、地中に塊茎を作ります。収穫されるのはそれからとなり、11月以降に掘り出します。

「菊芋」の可愛い花です。土の状態が悪くても、元気に咲きました!菊芋の植え付けは3~4月です。11~12月に収穫します。

支柱は長めのものを用意してください。2m以上になりますよ。手間をかけなくてもよく育ちます。酸性土壌を嫌うので、植え付けの2週間位まえに石灰をまいて、よく耕してましょう。

ほらね、こんなに大きく伸びます。これで1m50㎝位です。(6月頃)

●プランターで育てる場合の土は、「花・野菜用の培養土」で大丈夫です。

でも・・・プランターでは厳しいかも・・・だって

ホラッ、8月には・・・こんなに大きくなりま~す!

ね!ね! こんなに大きくなりますよ!

主人は「菊芋を毎日食べて、糖尿病を改善できた!」ので、

今は、私のために一生懸命作ってくれています。

収穫の時期にです。11月、地上部が枯れてきたら、収穫です。食べる分だけ掘り起こしましょう。傷をつけないように掘ります。(少し小さいですが友人にあげるのに、早めの「菊芋」を主人が掘り出しているところです)笑

きれいに洗ってください。たわしで丁寧に洗いましょう。

「菊芋の洗い方」youtubuより引用しましたので、どうぞ!

(すぐ、食べるときだけです。すぐ食べないとカビがはえますよ)

適宜のポン酢に、少し酢をたしたりして、朝・昼・夜に食べましょう!
毎日、食べると約束してくださいね!

菊芋の調理方法                   

調理方法は、他に、丸ごと天ぷらにしたり、野菜サラダに混ぜたり、ポテトグラタンに入れたりして、工夫しても栄養価は変わりませんので、大丈夫です。主人と私はこのまま、シャキシャキの触感が好きで、頂きました。

菊芋チップスで酢漬け

かんたんすぎる!菊芋チップス

菊芋の味噌汁

野菜サラダにして・・・

人参などときんぴらにして・・・

丸ごと、みそ漬けにして・・・

その他・・・
菊芋の明太和え(菊芋・明太・マヨネーズ)
菊芋の即席漬け(菊芋・しょうが・塩)
菊芋サラダ(菊芋・きゅうり・人参・わかめ・ドレッシング)
菊芋ののり巻き(菊芋・味付け海苔)

「菊芋レシピ」youtubuより引用しました、どうぞ!

究極の簡単酢漬けをご覧くださいな!
「菊芋酢漬け」youtubuより引用しました、どうぞ!

菊芋の保存方法は簡単!                                            

① 長期保存するには土に埋める(とても簡単ですが、芽が出て、いっぱいできます・笑)
菊芋は生命力が非常に強い植物で、土に埋めておくと翌春芽を出すまで自然な状態で活き続けます。地面が凍ってしまうような地域では土を入れたプランターなどに埋め、屋内の凍らない場所に置いておきましょう。

② 冷凍保存
夏を越すような保存の場合は、土に埋めると芽が出てしまうので、菊芋の皮を剥いてから冷凍します。食べる時はサラダなど生食には向きませんが、煮物等には十分使えますが、私はあまり、おすすめしません。

③ 乾燥させて保存する
乾燥させて煮出してお茶にしたり水で戻して漬物にする方法もあります。乾燥させる場合は、丸のままではなく、皮を剥いてからスライサーなどを使ってスライスしたものをさっと水ですすぎ、それをザルなどに広げて天日干しします。完全に乾いたら保存袋に入れて冷暗所に保存します。そこまでしなくても、早めに食べてしまった方が美味しいには越したことはありません。

干して保存・菊芋の天日干しhttps://cookpad.com/recipe/2043056

毎日食べるのは大変!                                               

お仕事が不規則だし、毎回食べることは難しいという方はサプリメントで代用することをお勧めします。生産者がとても少なく、市場にも、あまり出ていない「菊芋」ですが、私は必ずや効果があると思いますから、買ってでも食べたり、飲んだりするべきだと思います。治したいならですが。

血糖値が気になる人や便秘気味の人、中性脂肪やコレステロール値が高い人などは、イヌリンを積極的に摂っていきたいと考えている人も少なくないでしょう。しかし仮に菊芋がスーパーでたくさん売っているとしても、毎日菊芋ばかりを食べることはできないと思います。

そのような人たちにオススメなのは、イヌリンを「サプリメント」で摂取するということです。

イヌリンが注目されるようになってからは、国内産の菊芋を使用したサプリメントが販売されるようになりました。 サプリメントを摂取するようにすれば、イヌリンを安定して摂ることができますし、 継続して飲み続けることも難しくありませんね。

「菊芋」絶賛の訳NHK「ためしてガッテン」「林先生!が驚く初耳学」で放送される!

ところで、「菊芋」ってどこで売ってるの?どこで買えるの?

毎日食べらない方に朗報!              

あれこれ、ごめんなさい。先日、テレビで「高野豆腐」が糖尿病にいいと聞き、早速、買い物に!テレビの効果が絶大で、スーパーの棚には、高野豆腐がない!全然ない!めげずに、違うスーパーへ。高野豆腐ゲット!さっそく、食べ始めました。

菊芋が時期的なこともあり、毎日食べられない!また、サプリメントもお金がかかるし、でも、治したい!と思うなら、「高野豆腐」はいかがですか?

これも提案ですが、毎日食べられるし、美味しいし、おすすめです。↓

【高野豆腐】毎日食べなさい!糖尿病改善スーパーフードの秘密とは?

今回のまとめ                    

たった「菊芋」を毎日食べ続けただけで、糖尿病が改善され、数値が正常値になるとしたら、食べない訳がない!ですよね。とてもひどかった時の数値の診断書があれば、取っておくのだった!と後悔していますが、こんなに良くなるとは、そのとき思っていなかったので・・・残念ですが、私が実験台ですので、安心して食べてみてくださいね。

なにかいいサプリメントがあればご紹介したいと思ったのですが・・・今度、探しておきます。(笑)では、ダイエットにお肌のために、そして、「糖尿病改善」に「菊芋」でお元気になってください!

付録:買える・もらえる提案             

インターネット通販というと、アマゾンや楽天を思い浮かべますが・・・菊芋パウダーや菊芋茶、菊芋の漬物、など自然食品がたくさん販売されています。

「菊芋 郷土料理 通販」などで検索してみますとたくさんの通販サイトが出てきますから、いろいろと比較して購入してみると良いでしょう。

また「北海道芽室町」「北海道遠別町」「熊本県南小国町」「宮崎県高原町」 では、ふるさと納税において5000円や1万円といった一定額の寄附をした場合、菊芋の加工食品がもらえます。ふるさと納税を活用すると税額の控除にもなりますから、活用してみるといいでしょう。

イヌリンパウダーや菊芋茶であれば、ドラッグストアで、購入することができます。大手ドラッグストアチェーンのマツモトキヨシやスギ薬局グループの一部店舗において、販売されているのを確認しております。ただし販売されていない店舗や、品切れしている店舗もありますので、確認して購入するようにしてくださいね。早く摂取したい方におすすめです。

イヌリンの多く含まれているサプリメントもあります。1日当たり数十円で摂取することができるサプリメントもあり、食品や食材を購入するのと同じぐらいの金額で購入することができます。リーズナブルなものを探せばそれほど大きな負担となられないでしょう。

ぜひ上手に活用していただきたいと思います。あなたも、「菊芋」で、糖尿病を改善し、快適な毎日を手に入れていただけたら嬉しいです。がんばりましょう!

ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です