「金持ち父さん貧乏父さん」読むと読まないなら、やっぱり読もうっか!

レスタングル広告

あまりに有名なベストセラー本の「金持ち父さん貧乏父さん」ですね。
著者はロバート・キヨサキ氏。

もう随分昔に読んだ記憶があって思い出しながら書こうと思っています。
読んだ頃は、きっと「お金持ちになりたいな~」って
少し思っていたのでしょうね、私も。

でも、今ははっきりわかります。

「思っている」だけでは決して現実化しないってこと(笑)

「金持ち父さん」はロバート・キヨサキの友人マイクのお父さん。
「貧乏父さん」はロバート・キヨサキの実のお父さん。

小さいころから、この二人の「お父さん」を見ながらその背中から、言動から感じた「結果論」みたいなものですね。いろいろな場面で相反していて楽しく読み終えたことを覚えています。

「貧乏父さん」は、お金は使うもの。
「金持ち父さん」は、お金は使ってもらうもの。
「貧乏父さん」は、自由なお金はない。
「金持ち父さん」は、寄付するほどのお金がある。
「貧乏父さん」は、会社に仕事をしに行く。
「金持ち父さん」は、会社を作る。

この本の中で私がとても印象深かったのは「金持ち父さん」のこの言葉でした。

「破産は一時的にお金がない状態にすぎないが貧乏はずっと続く」
「私はお金のために働くのではない、お金が私の為に働くのだ」

身に沁みました!そのころの私は連帯保証人になり4000万円の返済に日々奮闘していたわけで
まさに「お金のために働いていた」からです。

ところで、二人の「お父さん」の生き方のはっきりしてきた分かれ道は、どこだと思いますか?

「貧乏父さん」は一流の高校、一流の大学をでて一流の会社に就職。

一方「金持ち父さん」は高校へも行けずでした。

「金持ち父さん」は、「お金がないのは悪の根源だ」と思い始めます。税金は生産するものを罰し、生産したものに褒美をくれてやるものだ。「自分はお金持ちだ」と話し続けます。

「貧乏父さん」はお金持ちは、お金に困っている人のために税金を払うべきだ。私はお金持ちにならない、といい、欲しいものはお金がないからと言って買わないで、ずっと貧乏でいた。

自己啓発本や成功哲学本とは少し違い日記のように読めるので、今ここで「奮起」したいと思って読むにはインパクトは弱いかもしれませんね。

私は、やっぱり「使われる側と使い側」がいて「成功する人と成功しない人」がいて社会なんだろうな、と思います。

ただ・・・
ただ・・・

自分が「幸せになるため」の

自由とお金と成功を得たいのなら・・・

「正しいマインドを潜在意識の中までしっかりと身に着ける」ことが必要かなと思います。

あなたはどう思いますか?

自由とお金を手に入れて成功したいですか?
そのために、何をしていますか?

私は「成功したいです!」
楽しく成功したいです!
協力し合って成功したいです!

成功するって、かならずしも、「富を得る」ことだけじゃなく、思い描くことを行動に起こしたものへのご褒美のような気がします。

富を得ることも、目標を達成することも、幸せになりたいと思うことも、自分が考え、行動し、得たなら、それは、成功者です!

あなたも、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、自分はどっちかな~って考えたり、どっちになりたいのかな~って考えるのも、楽しいかもしれませんね。

ブログを見て下さり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です