独身のおばあちゃんに告ぐ!無理せず「モテる女性」になるにはこれ!

レスタングル広告

■初めに、独身男性へ・・・割り勘はダメ!

初めに、男性側のテクニックをお話ししましょう。例えば、男性の場合は「デートでは割り勘にしない方がいい(少し多めに払うか、奢る)」とは言われたし、いまでも 、割り勘は男らしくないとか言われていますよね。ところで、女性の皆さんは、本当に奢ってもらえさえすれば、そのデートは大満足でしょうから?

多くの女性は、単に経済的なことを理由に、男性に多めに出してもらいたいわけではないですよね?そこにある心理には、「“女性扱い”をしてもらいたい。」「相手の男性に“男らしさ”を感じたい。」とか思っているわけです。

人は、男性は“男性扱い”、女性は“女性扱い”をしてくれる異性には好感を持つものです。それは、多くの人が自分の“男性性”、“女性性”を本能的に実感したいからなんです。つまり、女性にとって“奢られる”ということは、「女性扱いをされた」ことが実感できることなんですね。
もしこれらを満たしていたら、例え割り勘でも、男性は女性のハートを掴むことだってできるとも言えます。

そして、女性向けの恋愛テクニックについても同じことが言えるんです。その本に書かれた通りに行えば、相手の心を掴めるというわけではありませんが、書かれていることを表面的に受け取るよりも、そこにはどんな心理が働くのかも理解することが大切なんです。

■聞き上手・褒め上手になったらモテる?

テクニック本では、「聞き上手・褒め上手になると良い」と書かれていますが、いくら口先だけで褒め言葉を並べたところで、相手の心を掴むのは難しいでしょう。
人は意外と相手の表情、声色などで、「お世辞を言っているな」というのは、分かるものなんです。(男性によっては、この偽物がわからない人がいますが、論外とします・笑)

では、どうして人(老若男女)は、自分の話を聞いてもらったり、褒められると嬉しいのでしょうか? 私も嬉しいです。それは、「自分を分かってくれている」「受け止めてくれている」という安心感があるからです。人は誰もが、どこか自信がないところがあるもの。そんなとき、自分を肯定し、受け止めてくれる人がいると、安心するものなんです。

だから、「聞き上手・褒め上手になる」なんて、テクニックなんて知らなくても、相手に興味を持って、相手の魅力をリスペクトしていたら、自然と聞き上手、褒め上手になっているはずです。テクニックを優先するよりも、心から相手の魅力を理解し、受け止めることの方が、より相手の心を掴むと言えるでしょう。それには声色を使ったり、大げさに褒めちぎったりする必要はないんですよね。

■言葉は“心の鏡”

会話術のテクニック本などもありますが、自分ではしっかりした会話をしているつもりでも、気が付かないところで、意外と“隠したい本心(本音)”を見せてしまったりもするものです。

あなたが好意を持っている男性が、まだお仕事をしていて、彼にメールをしたのに返信が来なかったことについて、「どうして、返信くれないの?」と文句を言ってしまったとします。自分本位な言葉が原因で関係が決まづくなってしまします。

これは男性側の愛情の薄さも原因かもしれませんが、ここでは、あなたの言動についお話しましょう。あなたにとっては、たった一言で関係は壊れるの?と思うのかもしれません。ただ正直言うと、その一言で、あなたが「彼の仕事を理解している<振り>をしていた」ことが、彼に分かってしまったのかもしれませんよね。<振り>です、<振り>!

もしあなたが本当に彼に対して、「いつも頑張っているんだな」「応援したいな」と思っていたら、メールの返事がこなくても、遅れても、まず出てくる言葉は、「忙しそうだね。大丈夫?」といった言葉が最初です。たとえ文句を言うにしても、最初に出る言葉は違うと思うんです。

言葉は、“心の鏡”なんです。

だから彼に好かれようと、理想的な女性を演じていても、必ずどこかでボロが出るものなんです。だからこそ、自分の内面(思考)から変える必要があるんです。あなた自身の”心”を磨かなくてはいけませんよね。

■テクニック本よりほんとの自分

現在は、恋愛のテクニック本がたくさんあり、それを表面的に受け取って実践している人が少なくありません。特に、実は若い人に多いのも事実のようです。
でも、人は表面的なものだけではなく、意外にも「気」や「思い」もキャッチしているものなので、表面的なテクニックだけでは心を掴むのは難しいでしょう。

小手先のテクニックで“相手の心”を変えようとするのではなく、“自分の内面”を変える(=成長させる)方が、本当の意味で愛される女性になるものです。また、もし“テクニック”というのであれば、一番効果のあるテクニックは“相手に思いやりを持つ”、それに尽きるような気がします。これは、年齢に関係なく、高齢になって独身になった方も、全く同じです。

彼が今どんな状況なのか、どんな思いなのかをよーく観察して、相手の喜ぶことをする。すぐに分からなくても、色々と試してみて、相手の表情を見れば、喜んでいるのかどうかは分かるはずです。大概、人は恋愛を通して、相手ではなく“自分”を見ているものだったりします。

最大のテクニックは「相手を本当に好きになること」です。

「愛する人が愛される」ものなんですよね。まずはきちんと相手を好きになるところから
始めてみましょう。

「相手を本当に好きになる」これだけが本当の「テクニックですから、これを本当に理解をし、行動に移すことが出来た時は、それはもう“表面的なテクニック”ではなく、“その人の魅力”にもなっていると言えるでしょう。

恋愛のは年齢はありません。自分の内面を成長させて、自然体の“モテ女性”を目指しましょう。素晴らしい日常がそこにありますように、応援いたします!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です