お年玉のお札と硬貨の入れ方と名前の書き方がわからない?

レスタングル広告

お年玉のお札と硬貨の入れ方と名前の書き方がわからない?

お正月になると、お年玉を楽しみに、おじいちゃん、おばあちゃんの家へ挨拶に来てくれます。(笑)子供たちの喜ぶ顔が見たくて、おじいちゃん、おばあちゃんもがんばっちゃいますよね。ところで、子供に渡すものですが、親や親戚の目に触れる機会もありますよね。せっかく渡したお年玉で、おじいちゃんも、おばあちゃんも常識ないな、なんて思われないためにお年玉のぽち袋への入れ方をお伝えしていきます。

三つ折り、二つ折り、また複数枚入れる時の折り方やお札の向きなど、お年玉のマナーに関して知らないこともあると思います。今回はお札の基本的な折り方やお札の向きなどお年玉のマナーについてご紹介します。

また、お年玉袋に名前を書く時の名前の書き方についても確認しておきましょう。

お年玉の入れ方 三つ折り?二つ折り?複数枚の場合は?

お年玉は縁起物です。年初の贈り物なので、お金は新札にしましょう。年末に、銀行の窓口が閉まる前に、新札は何枚か(少し多めに)用意しておくと安心です。思いのほか、出費があるかもしれませんからね。

合わせて、お正月中は、ポチ袋も予備を準備されておくといいですね。おもいがけず、お正月にお年玉やお土産をもらったときなどに、ぽち袋が余分にあるとすぐ渡してあげられて、困ることはありませんから。

お金の入れ方・折り方・お札の向きは?

お年玉に限らず、お金の入れ方、折り方には3つポイントがあります。

  • お札は左・右と折って三つ折りにする
  • 複数のお札は重ねて折る(ずれたりせず、きちんとまとめる)
  • お札も硬貨もお年玉袋の裏表を合わせる

    お札は左・右と折って三つ折りにする

    お札を折る際は3つ折りにしますが、手順としては表を向けた状態で左・右という順番で
    折ります。

複数のお札は重ねてずれないように折る

複数のお札を入れる場合、お札を重ねてから2つ折り、3つ折りにします。先にお札を重ねるてから折るのがポイントです。

お札を重ねるときには、上下の向きがばらばらにならないよう確認してからに気をつけて入れましょう。

お札・硬貨とお年玉袋の裏表を合わせる

ぽち袋を表に向け、折った紙幣(上記参照。右側がかぶさった状態)を、天地が逆さまにならないようにして入れます。硬貨も表にして入れましょう。

硬貨は製造年が刻印されているほうが裏です。絵柄・漢数字のあるほうが表。製造年・ローマ数字のあるほうが裏です。

お年玉袋は、基本的には封は折りますが、封を閉じるかどうかは特別決まりはないようなので、シールなどがついていたら止めるくらいで良いと思います。私は封をしません。子供がいただくものをみても、糊で封をしているものはあまり見かけないですね。

お年玉の名前の書き方は?

お年玉袋の書き方ですが、結論から言うと、「表側に相手の名前を書き、裏側に自分の名前を書く」というのが適切なマナーとなります。(皆さんご存じだと思いますが)

関連記事:お年玉で困っている人の解決策
お盆玉が風習になりつつあるが金額の相場は「お年玉」と同じ?

まとめ

お年玉の入れ方、複数枚をお年玉袋に入れる時のマナーをみてきました。新年の習慣と化しているお年玉ですが、あげるほうももらう方も礼儀を忘れないで、喜んであげて、感謝していただきたいものですね。受け渡しもスマートにしたいものです。

配慮が行届いていると相手の方も取り出しやすく、見た目も美しくて気持ちも伝わります。心づけを渡すときも同様ですから、ぜひお役立て頂ければ、嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です