ほとんどの人が気づいていない母の日の花のヒミツをご存知ですか?

レスタングル広告

十字架に架けられたキリストを見送った聖母マリアの涙の跡に咲いたと言われているカーネーション。母の愛を象徴する花として、「母の日」に贈られるようになったんですね。

あまり、なにも考えずに、できれば安くてたくさんとか、高くてもいいから1本、とか、歳の数だけ贈りたいとか、カーネーションは2~3本にしてあとはケーキでも・・・とか。

結構、いろいろそれなりに、考えてしまいますよね。でも、色で花言葉が違うって知っていましたか?わたしは、せいぜい、ピンクか赤でした。

そこで、色別、花言葉を調べてみましたので、ご紹介しますね。まずは・・・ピンク!

カーネーションの色、ピンクの花言葉

感謝・上品・気品・暖かい心

あなたのお母さんが、いつも誰に対しても感謝の気持ちを持ってる暖かな心の持ち主で、物腰も振る舞いも上品で、気品に溢れている方なら・・・ピンクを贈られるといいでしょう。

う~ん、なかなか難しい面もあるかな~笑笑 笑ってはいけません!失礼!

私の母はバリバリのキャリアウーマンでしたから、いつも忙しくしていて、上品とはかけ離れていましたから・・・ほんとは、ピンクじゃなかったかも!

カーネーションの色、赤の花言葉

真実の愛・愛情・情熱

おや、まあ~、これまた激しいこと!あなたのお母さんは、お父さんやあなたたちに、これっきりの愛情と情熱を傾けているんだって思ったら、これ、「赤」。

でも、普通に母親は大海原のような愛で、みんなを包んでくれている大きな愛情の持ち主ですから、ほんとは、お母さん全部にあげたいくらいの「赤」です。

無口なおかあさんも、怒ってばっかりいるお母さんも、みんなみんな、真実の愛に溢れています。だから・・・やっぱり、「赤」を贈りましょうかしら・・・

カーネーション色、黄色の花言葉

美・友情

あなたとおかあさんと、お友達みたいな感じかしら?そんな感じのお母さんになら、「黄色」がいいでしょう。なかなか、見つからないかもしれませんが、がんばってくださいね。むらさきのカーネーションや黄色のカーネーションは、近所のスーパーなどでは、でまわっていないですものね。

いつまでも、お母さんと友情関係を続けていってくださいね。

そう、お父さんとも、きっと、お友達みたいなんじゃないでしょうか!楽しそうですね。ずっと、ずっと仲良くね。

カーネーションの色、白の花言葉

尊敬・純潔の愛

あなたのお母さんは、お父さんのことを、物凄く尊敬していますか?ものすごく愛していますか?お父さんのことを尊敬していましたか?愛していましたか?

いつも、仲良しでなくても、心から、尊敬しあっているご夫婦っていらっしゃいますよね。とても気持ちのいいものです。あなたがご両親を観ていてそう感じたなら、また、また感じていたなら・・・カーネーションの色は「白」でしょう。

私は個人的に、白いお花がすきみたいなんです。(関係ないかっ!)

かすみ草にすずらんが好きなんです。あと、高山植物の「サギ草」

ね、白いでしょ、みんな。フフフ

さて、最後です。

カーネーションの色、むらさきの花言葉

誇り・気品

そうですか、誇りですか?あなたのお母さんは、あなたが生まれる前から、今のお仕事をされていますか?お母さん自身、お仕事にプライドを持って、多くの人のために、また家族のために一生懸命働いているとしたら、「むらさき」のカーネーションを贈りましょう。

自信に満ちている、あなたのお母さんは素敵ですね。

ピンクも赤もキレイな色ですが、「むらさきのカーネーション」も素敵でした。ただ、あまり、お店にないので見つけるのに苦労するかもしれませんね。いつも、ありがとうの気持ちを込めて、「むらさき」いいですね~。

ブログを見て下さり、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です