松岡茉優は加治将樹との結婚を7年先まで待てないを理由は?

レスタングル広告

女優注目度Na1の松岡茉優は、まだ若干23歳にして、実力派女優の名前にでてくるほどで、主役を見ているより、松岡茉優の演技に見入ることがあるくらい、今後頼もしい女優のひとりです。うわさの加治将樹さんとは、ほとんど同棲中なのは、本当らしく、これからどうなるのか調べてみました。

松岡茉優のプロフィール               

1995年2月16日、東京都出身。160㎝、B型。8歳当時、妹(3歳)のオーデイションについていったのがきっかけで、芸能事務所に入ることになる。この世界に入ることになり、今は妹に感謝しているといいます。

まだ23歳なのに、芸歴15年になるわけですが、コンスタントに仕事があり続けているというのは、何か「天職」なのではないか、と感じたりします。

テレビドラマ・映画・CM・ラジオ番組・ナレーション・吹き替え・イベント・連載等々、羨ましいくらいの仕事の数々。

NHKの朝ドラ「あまちゃん」で、アイドルグループGMTのリーダー「入間しおり」を演じ、一気に知名度を上げたのは、まだ、記憶に新しいです。また、最近テレビ朝日の「やすらぎの郷」では、やすらぎの郷(老人ホーム)の中にあるバーテン役をやり、存在感をアピール。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール賞を受賞した、「万引き家族」に出演、演技派女優として大活躍中です。

加治将樹さんとの出会い               

映画「サムライフ」で共演。地方ロケが訳1か月間あり、その中で仲良くなったということです。最初は「同志」のような気もちでのお付き合いではなかったと思いましが、お泊り写真がフォーカスされてから、もう3年近くになります。

いまだに、一緒にDVDショップに行ったり、買い物に出かけたりしているので、一緒に住んでいることには間違いないと思われます。まるで、「夫婦」のようだと見えるそうです。

松岡茉優が結婚をあと7年待てない理由は       

松岡茉優が理想の男性を「ガッチリした体で包容力のある人」と言っていますが、加治将樹さんは体のガッチリした、年上の男性。理想の男性ということです。

好きになったら、そんな人だったのか、たまたま、理想の男性だったのかは定かではありませんが、タバコを吸う松岡茉優にも包容力をもって許可しているのかな、などと推測したりしています。

随分若い頃から(15歳のころから)結婚願望が強い松岡茉優は30歳くらいまでには子供が二人欲しいとか、仕事は両立したいと、かなり具体的に思っているらしく、年齢からいうと、そろそろ、結婚ということも遠くはないと思います。

実力女優なだけに、幸せな結婚で、ますます、円熟味が増すのではないかと、期待しています。松岡茉優は年齢が増し、先ごろ亡くなられた樹木希林さんのような、本格的な演技を私たちに見せてくれることを楽しみに待っていたいと思います。

幸せな明るい家庭と、パワフルな演技の両立を切に願っている私です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です