ぞくぞくカラオケ全国大会に出場の快挙の生徒さんに感謝!

レスタングル広告

(左から3人目、下を向いてる成澤恵子)

日本大衆音楽祭

日本大衆音楽祭とは

主催/日本大衆音楽祭実行委員会(NPO法人 日本大衆音楽協会)
後援/文化庁・厚生労働省・日刊スポーツ新聞社

昭和57年、カラオケを主体とする大衆音楽の文化的向上と発展を目指し、その組織化を図ることを目的として、日本大衆音楽協会を誕生しました。
各県に協会が設置され現在に至っています。

日本大衆音楽祭(全国大会)は、歌の国体として昭和60年安田生命ホールで第1回を開催したのを皮切りに、
朝日生命ホール、イイノホール、第4回からは東京厚生年金会館大ホールで、第26回は、よみうりホールで、第27回は日本青年館で第31回から新宿文化センター開催しています。
今までの地道な活動とその実績が認められ、文化庁・厚生労働省の後援と文部科学大臣賞・厚生労働大臣賞、平成11年からは内閣総理大臣賞が授与され、ますます発展しています。

カラオケが日本文化として成長するにつれて、庶民生活の中にしめる大衆音楽(カラオケを含む)の重要性が認識され、都道府県大会に対しては、知事賞が下付されています。
ブラジルでは大統領賞、他にも韓国・中国など海外にも活動の輪を広げつつあります。

日本大衆音楽祭は歌の好きな人なら誰でも参加でき、全国大会はお年寄りからお子様に至る参加者を7部門に分けております。
(第34回大会までは第一次はテープ審査を行い、参加部門を決めていました。)
そのため全国的に非常に幅広い層に愛され、歌の国体として全国的に支持されています。

第35回日本大衆音楽祭は2019年10月14日(祝)に東京都新宿文化センター大ホールにて開催されました。

「日本大衆音楽音楽祭」全国大会が開催され、「チューベローズ歌謡教室」から、2名、埼玉の予選会を勝ち上がり、全国大会に出場。見事、部門最高の成績でした。

遠藤実ソングフェステイバル全国決勝大会

2019年12月3日新潟県民会館にて「遠藤実ソングフェステバル」全国大会決勝戦が行われ出場してきました。

全国より、DAMからのエントリーも含め、各県より予選、準決勝を勝ち抜いてきた2000名以上の中から選ばれた「30名」の熱唱でした、

素晴らしいことに「チューベローズ歌謡教室」から、2名出場。
奇跡です!凄いことです!、生徒さん二人には、一日幸せな気分にさせていただき、感謝しています。

(左:渋江眞理子、右:成澤恵子)

30名の歌上手な中から、6名が選ばれ、再び決勝戦を戦い、グランドチャンピョンが決まります。お陰様で上位6名の中に成澤恵子が選ばれました。

甲乙つけがたい中で、渋江眞理子も精いっぱい戦いました!(歌は戦いじゃないけどネ!)

埼玉から新潟まで、みんなで応援に行ってきました。ごくろうさまでした!!ありがとう!

城南観光さんの運転手さん、お二人も大変優しい方で、雨の降る中、いろいろ気を使ってくださり、お陰様でいい思い出作りができました。ありがとうございました!また、よろしく!!

いな穂会 カラオケ大会

あ、そうそう、12月1日は地元のカラオケ大会もあり、6人参加させていただきました。3位入賞、敢闘賞など頂きました。(写真下)この日が全員がとても疲れたらしく、いつものお茶飲みも反省会も、お祝い会もなく、バラバラ、帰宅。ちょっと寂しかったです!笑笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です