発酵食品ベスト3!食べて10歳は若返る真実の報告!

レスタングル広告

ようこそ!3分位で終わります、読んでくださいね!

発酵食品は今、健康効果がとても高いと世界中で注目、話題となっています。日本のスーパーフードと呼ばれるものもあります。

健康で美しい毎日のために欠かせないものとして注目を集めている発酵食品。それはいったいどのようなものなのかしら?

発酵とは、様々な微生物やその酵素の働きによって食物の中の炭水化物やタンパク質などが分解され、我々人間の体にとって「良いものになる」ことを言います。 こうして生まれた食品が「発酵食品」と呼ばれています。

醤油や味噌、酒、パン、漬物など、私たちの生活に欠かせないものになっています。大豆を納豆菌で発酵させた「納豆」は日本人にとってとても馴染みのある発酵食品。発酵食品の代表と言えるでしょう。

それでは、「10歳若返る発酵食品ベスト3」をご紹介します、

第1位 納豆

若さに不可欠な「納豆」。納豆には大豆の約3~4倍の「ビタミンB2」が含まれています。疲労回復や肌荒れ解消に効果があります。

「ビタミンK」は骨を強くして、骨粗しょう症を予防に効果が期待されているそうですよ。

その他にも、納豆に含まれるは「ナットウキナーゼ」は血栓を溶かして、血液をサラサラにしてくれる働きがあって、動脈硬化や心筋梗塞などの病気や予防にも絶大な効果が期待されています。

最近では、微生物の研究でいろいろわかってきたわけですが、遠い昔から、私たちは食べて来ていたわけです。日本人って凄いですよね。

蒸した大豆に納豆菌を加えて、発酵させたものが、「納豆」です。発酵食品の多くは、熱や乾燥に弱いとされていますが、納豆菌は、熱さ・乾燥にも負けません!

納豆の原料の大豆には、便秘解消につながる植物繊維や、タンパク質が豊富です。女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」も、肌や髪の潤いを保ち、更年期障害の改善などに効果が期待できるそうです。

「納豆+しょうゆ+キムチ」がベストな食べ方です。

食べるときは「夜」。
1日1パックは食べましょう!

「納豆」の賞味期限について知りたい方は
「納豆の賞味期限と効果効能について、専門家に聞いてみたら・・・」をご覧ください。

第2位 漬け物

なんといっても、乳酸菌と食物繊維のWパワーで、体の中も見た目も、どんどん若くなるのが、じつは「漬け物」です。あまりに、身近で驚きですよね。

乳酸菌は善玉菌の代表選手です。乳酸菌の多くは酸に弱く、胃や腸に届くまでに死んでしまうのですが、植物性乳酸菌は酸に強く、生きたまま、腸に届きます。

腸内環境を整え、「若返り」のために、大活躍してくれます。

そんな乳酸発酵のチャンピョンは誰でしょう?そうです!「漬け物」なんです!!

ぬか漬け、野沢菜漬け、キムチが代表選手です。

(注)梅干しや浅漬けは発酵していないので、乳酸菌の力はありません。

漬け物はそのまま食べるだけではなく、いろいろアレンジして食べましょう。チャーハンの具として細かく刻んでまぜたり、サラダと入れてドレッシングで食べたり、もちろん、やはり、細かくきざんで納豆に入れて食べると相乗効果で発酵パワー倍・倍増します。

我が家の食べ方は最強ですよ!どうぞ、お試しあれ!!

「納豆+キムチ+きざんだ漬け物+オクラ」

キムチで美肌効果について書いてありますが、お時間があったらお読みくださいね。

第3位 お味噌

毎日、お味噌、これ絶対実行すべし!

お味噌は「米味噌・麦味噌・豆味噌」の3種類あります。

そして、「赤味噌・白みそ」などの色に分かれています。

それぞれ、味や風味に違いがあり、好みで食べられています。

ただ、すべてのお味噌に共通しているのが「麹菌と乳酸菌と酵母」という3種類の微生物から成り立っているということです。

それぞれ、すべて、善玉菌なので、腸内バランスがガッチリ整えられます。 凄いでしょ?

「若さ」だけじゃなく、「免疫力のアップ」「コレステロール値の上昇を抑えて生活習慣病の予防をする働き」があります。

毎日、お味噌汁を飲むことで、「胃がん発症のリスクを抑える」ことがわかっているそうです。飲まない理由はありません!

我が家では、お味噌汁以外にも大好物なのが、「きゅうり+味噌+マヨネーズ」です。ポリポリ!夏場なんか、最高に美味しいです!ただし、美味しいからと、食べ過ぎにはご注意を!

おまけに3つ発酵食品

お酢・ヨーグルト・塩麹(甘酒)で強力パワーアップを期待!

「酢」はお酒を乳酸菌で発酵させたもので、クエン酸・酢酸を含んでいます。腸内環境を整え、血行を良くするだけではなく、血管を広げて、血行を促す働きがあり、若さをキープするのには欠かせないものです。

ヨーグルトは、そうです、牛乳に乳酸菌を混ぜて発酵させたものですよね。タンパク質や脂質・カルシウム・ビタミン類、体に不可欠な栄養素がバランスよく含まれている賢く、優秀な代表選手です。

毎日食べることが大切です。食べ続けることです。1日に200gが目安です。夕食後のデザートが最適だそうです。

塩麹(甘酒)は米麹が原料。エネルギーの代謝を高めるビタミンB郡を多く含んでいるので、「太りすぎを防ぐ」「免疫力を高める」「シミ予防」「美肌効果」が期待されます。

糖尿病や高血圧などの予防・改善にも役立つと言われています。

今回のまとめ

私達、日本人が、昔から食べて来ていた「発酵食品」が、いかに、素晴らしい食べ物なのか、改めて、納得、感心しました。いつも、なにげなく、食卓に並ぶ、これらの発酵食品を、いろいろな、食べ方を工夫しながら楽しく摂取していけると、必ず「10歳若返ること、間違いない!」と確信しています。・・・我が家の住人は・・・少し自慢ですが・・・実年齢より、確実に10歳以上は若く見られますよ~フフウ(失礼しました!)

ブログを見て下さり、ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です